ビデオゲームが文化に与える影響

Spread the love

オンラインカジノでバカラ攻略法を徹底解説!

アメリカの市場調査会社NPD Groupの「2019 Evolution of Entertainment Study」において、ビデオゲームをプレイしたことがある人はアメリカ人全体の73%であると明らかにしました。
ビデオゲーム人口が増えることで間違いなく文化に影響を与えます。例えば、ビデオゲームは映画や音楽などメディアのあり方を変えました。また、これによって教育システムも大きく変化し、新たなテクノロジーを通じて「Brain Age」などの教育ゲームが作られ、生徒と教師が新たな形で繋がりを持つようになっています。このように、ビデオゲームが文化に対して大きな影響力を持つことを受け、それを新たな文化の形として認めるべきか様々な意見が飛び交っています。

ゲーム文化

ビデオゲームが文化に与える影響を完全に理解するためには、ゲームの発展について理解することが大切です。1970年代前半のプログラマーたちはグループになって「Spacewar」というビデオゲームをプレイしていました。これはかなり原始的なゲームですが、多くの時間を費やして競い合っていました。その後家庭用ビデオゲームが人気になりました。みんなハイスコアを目指して競い合い、家庭用コンソール機に多くの時間を費やしました。

その後、80年代の子どもたちはより多くの時間をゲームに費やすようになりました。ゲームに関連する製品やキャラクターへの思い入れも強いものでした。「スーパーマリオブラザーズ」や「パックマン」など、ビデオゲームのキャラクターやロゴはゲーム以外にも幅広い商品のキャラクターとして利用されるようになりました。その中でも特に人気の高いキャラクターたちは文化的アイコンになりました。2007年にカナダで行われた調査によると、同国の首相とマリオを見て、誰かを識別できた人の割合がマリオの方が多かったという結果が出ています…。

他のメディアに対するビデオゲーム文化の影響

「スター・ウォーズ」や「E.T.」など、テレビ番組、本、映画などが原作のビデオゲームはいくつもあります。しかし1980年代になると、それとは反対にビデオゲームをベースにした漫画が増えてきました。そして90年代や2000年代にはビデオゲームを元にしたアクション映画が作られるようにまでなったのです。

テレビ番組もビデオゲームを元に作られるものが出て来ました。「ポールポジション」、「パックマン」、「Q*Bert」などは80年代前半に放送されていたアニメ番組がその代表です。また、先ほども述べたように、ビデオゲーム文化は映画にも大きな影響を与えています。ビデオゲームの熱狂的なファンが増えたことを受け、ビデオゲームを元にしたアクション映画が次々に作られるようになりました。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
Go to top
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x